土づくり

ジフィーセブン

種まきにはサカタのタネさんのジフィーセブンを愛用しています。
土を余らせずに使い切れるのが気に入っています。
が、私とても大きな勘違いをしていたことを知りました!
それは、ジフィーセブンの周りの繊維は分解されないということ!
そのまま植え付けできる商品なので勝手にいつかは土に還ると思い込んでいました(;’∀’)
なので庭にいつまでも分解されずに残っているのが不思議だったのです。

庭に散らかるジフィーセブンの図

何気なくネットで検索して真実を知ったのでした。
そんなわけで週末は繊維の片付けに決まりました。
ジフィーポットの小さいやつでもいいけど土を用意しないといけないし
余らせた土の保管場所も考えないといけない。
いまのジフィーセブンの形で土に分解される商品ないかしら。。。

サカタのタネさん!どうか開発よろしくお願いします!

良いものと出会えるまでは庭の土をジフィーポットに入れて種まきに変更かなぁ。
庭土を種まきに使うと雑草の種が紛れ込んで区別が難しいんだけど(+_+)
今回の種まきでもジフィーセブンを使っているので
植え付けの時には少し手間ですが先に繊維を取り除いてみようと思います。

水に漬けていた種ですが一晩でルピナス2つから根が出てきました!
早速ジフィーセブンに移しました。

ルピナスは水に漬けて発芽させる方法が合っているようですね!
パンジーとビオラの種も少し種の皮が開いてきています。
涼しくなったので発芽するかなぁ?

投稿者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年秋の種まき②

2021年9月24日

シュウメイギクの蕾

2021年9月26日